2007年02月22日

特撮映画ウルトラマンの誕生

このあいだ、世田谷区の砧(きぬた)を歩いていると、
ウルトラマンの大きな人形が現れて、ギョッとした。
あそこは、東宝に関係のある場所だったのかな。
どういうわけか、こどものころからウルトラマン系統は好きじゃなかったなあ。
なんだか、見ていて恐ろしかったからね。

ウルトラマンといえば、特撮映画の円谷英二さんだ。
円谷英二さんがどういう人だっかか調べてみると、
1901年7月に生まれて、1970年1月に亡くなっている。
ずいぶんむかしの人だったんだね。

ウィキペディアによると、『ウルトラマン』は円谷プロダクションが製作し、
1966年7月17日から1967年4月9日まで、毎週日曜日の午後7時から7時30分まで、
全39話が放送されたんだって。
ということは、ウルトラマンの放送の4年後に、円谷英二さんは亡くなったんだね。

最初のウルトラマンを特に「初代ウルトラマン」と呼ぶ場合が多い。
『帰ってきたウルトラマン』と区別するためなんだってさ。
ウルトラマンシリーズは複雑だもんな。

そうそう。
円谷英二さんは、戦後はGHQの指令で、映画界から追放された時期もあったんだね。

戦争中には国策映画を撮っていて、『海軍爆撃隊』ではじめてミニチュアの飛行機による爆撃シーンを撮影。
『ハワイ・マレー沖海戦』『加藤隼戦闘隊』『雷撃隊出動』『あの旗を撃て』
などの戦意高揚映画で、特殊な撮影法やミニチュアの使用や合成技術など、
特撮技術を駆使した。

1947年のGHQの公職追放によって東宝を追放され、
円谷特殊技術研究所を設立、大映などの映画の特撮部門を請け負うことに。
そして、ようやく1952年になって日本の主権が回復。
円谷英二さんは公職追放が解除され、東宝に戻ったらしいね。
ということは、GHQの公職追放が円谷プロを誕生させたのかな?
posted by ぺー at 22:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

イタリアのサッカー、ん?

イタリアのサッカーについて書くように言われても、
イタリアが正しいのか、イタリヤが正しいのか。
ロシヤの場合はロシヤが正しくて、ロシアは間違いらしいね。
そんなことは、いまはどうでもいいことかもしれないけど、
とにかく、わたしはイタリアなんか、行ったことがない。
たいして興味もない。
だから「ベトナムのサッカー」について、思い出したことを書くことにしたい。

わたしがはじめてベトナムへ行ったのは15年前。
まだ観光客はほとんどいなかった。
ハノイから郊外の水産工場に行くのにハイヤーを使ったが、
15年前は、まだ車が珍しかったなあ。
もちろんベトナム戦争が終わるまで車は多かったけど、
北ベトナムが勝って社会主義の時代になってから、車は少なくなったんだって。

それで、そのハイヤーの運転手さんが
以前は、ベトナムチームのとっても有名なサッカー選手だったんだって。
名前は忘れてしまった。
同行しているベトナム人の現地スタッフが
ハイヤーの運転手さんを尊敬の目で見て、なんやかやと質問を浴びせていたなあ。

ワールドカップのシーズンになると、ベトナム人は仕事よりテレビだ。
時差の関係で放送が深夜になった年などは、
ベトナム人は、朝は目を真っ赤にして出勤する。

15年前は、日本ではサッカーはいまほど人気がなかったと思うけど、
わたしがあまりサッカーの話に乗ってこないのを、
ベトナム人は不思議に思っていたようだなあ。

しかし、ベトナム人はあれだけサッカーが好きなのに、
どうしてベトナムのチームは弱いんだろ?
posted by ぺー at 21:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムの日帰り旅行

ベトナムで日帰り旅行といえば、ブンタオだなあ。
車で3〜4時間の距離だっけ。
サイゴン河からスピードボートが出てるらしいけど、まだ乗ったこと、ないな。
外国人はあまり乗らないんだろうなあ。
乗ってみたいなあ〜。
常夏の国なのに、あいにくサイゴン(ホーチミン市)は海に面していないから、
海水浴に行こうと思ったら、どうしても遠出しなきゃなんない。
ブンタオには海はあるけど、けっして面白い町じゃないけどね。
どうゆうわけか、中国語の看板が多いね。
怪しいネオンがついて灯っていたりする。

サイゴンで食べる魚は、ほとんどブンタオから来る。
ブンタオは、サイゴンの台所だ。
サイゴンのワタリガニは、とてもおいしいよ。
茶色のものから、青いのやら、緑のやら、色はいろいろだ。
けれど、火であぶれば赤くなるよ。
日本のワタリガニと変わらない。
水産物は、新鮮でなくっちゃね〜。

そうそう。
観光客の日帰り旅行なら、クチだ。
「クチのトンネル」と呼ばれているね。
ベトナム戦争のときは、モグラの巣のような地下室を掘って、
寝るのも食べるのも、みんな地下室の中で生活して、
ベトナム人は神出鬼没のゲリラになって戦ったんだな。
アメリカ人は体がでっかいから、入口から入れやしない。

クチの向うの、カオダイ教の寺院まで足を伸ばすのもいいかな。
仏教・儒教・道教・キリスト教など、いろんな宗教をごちゃ混ぜにした宗派だね。
いまじゃ、カオダイ教はたいした力を持ってはいないようだけど、
ベトナム戦争中は、相当の軍事力を備えていたんだって!
南ベトナム政府に対しても、大きな発言力があったらしいよね。
posted by ぺー at 21:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳沢大臣が発言でまた・・・

「女性はこどもを産む機械」発言で女性を怒らせちゃって、
野党からは厚生労働大臣をしろって要求が出されている柳沢大臣が、
またまた口を滑らせてしまったんだって。

こんどの失言はというと、2月15日の参議院(厚生労働委員会)で、
残業代ゼロの「ホワイトカラー・エグゼンプション」制度に関する
質疑の場面でのこと。
柳沢大臣は、生産現場で働く従業員のことを、
「工場労働者というか、そのぉ〜、ベルトコンベヤーの仕事。
労働時間だけが売り物です、というようなところですね!」
と言っちゃった〜。

柳沢大臣は「残業代ゼロは、すべての労働者が対象じゃないよ。
残業代ゼロ制度の対象外となる労働者もいるんだよ」
ということを説明したかったんだろうと思うけど、
「労働時間だけを売る」なんて言われ方をされちゃうと、
さすがに工場労働者はいい気持ちはしないよね。

ところで、「ホワイトカラーエグゼンプション」って、なんだか知ってる?
「エグゼンプト」ってのは、「除外する」って意味。
つまり、労働基準法が定めている「時間外賃金」についての規制を、
ホワイトカラーに対してだけは、
とっぱらっちゃえ!、適用除外(エグゼンプト)しちゃえ!ってことだね。
「働いた時間」じゃなくて、
「実際の成果」に対してだけ報酬を支払おう!っていう制度だね。

柳沢大臣が言ったとおり、ブルーカラー(工場労働者)は対象にならないよ。
ブルーカラー(工場労働者)の仕事は、「働いた時間」で計算してもらわないと
困っちゃうよね。
posted by ぺー at 16:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子と雅子妃が離婚?

「雅子妃はほとんど一日中、自室にこもり、
午前2時か3時まで経済書を読んだり、楽器を弾いたりして過ごした。
話す気力もなくし、
ドアのすき間からメモを差し出して職員たちと意思疎通していた」

「宮内庁の役人たちは、もう1年以上も離婚という<解決策>を検討していた。
雅子妃は皇后になるのにふさわしくないし、
離婚すれば皇太子は再婚をして男子の後継者をもうけることができる。
さらに、女系天皇を認める法改正も避けられる、
と宮内庁の代弁者たちは語った」

『プリンセス・マサコ』には、こんなことが書いてあるらしい。
「愛子さまの出産」に関する過激な内容も含まれているというけれど、
どんなことが書いてあるんだろ?

この本の副題は「菊の御紋の囚人、日本の皇太子妃の秘話」なんだって。
菊の御紋の囚人・・・
う〜ん。
日本人の物書きには、ちょっと思い浮かばない過激なフレーズだね。

この本は、日本に特派員として住んだこともある
オーストラリア人によって書かれたものだけど、
翻訳本の出版を予定していた講談社は、出版を取りやめたんだって。
そこでいま、原本(英語版)がバカ売れなんだそうだけど、
英語が分かる人が羨ましいなあ〜

ちなみに原題は、次のとおり。

Princess Masako:
Prisoner of the Chrysanthemum Throne;
the Tragic True Story of Japan's Crown Princess

やっぱり、翻訳本を出してもらわんと、分から〜〜〜ん。
posted by ぺー at 16:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハゲタカはおもしろい!

えっ!
講談社文庫から出ているあの人気小説、
真山仁の『ハゲタカ』・・・
これは、バブル経済が崩壊したあとの
「外資系ファンド」対「日本銀行」の死闘を描いた長編小説。
それが、こんどドラマ化されたんだって。

『ハゲタカ』をドラマ化したのは、NHK。
三葉銀行の出身で、いまはニューヨークの敏腕ファンドマネジャー、鷲津(大森南朋)。
これに反発するのが、鷲津のかつての先輩で、
三葉銀行のエリートバンカー、芝野(柴田恭兵)。
物語は、2人の激しい対立を軸に展開する。
鷲津が三葉銀行の不良債権を買い叩いて莫大な利益を得るんだね。

だけど、この小説は、
外資ファンドは悪玉、日本のバンカーは善玉という単純な話じゃないんだよ。
鷲津が買収するのは、
護送船団方式にどっぷりつかって競争力がなくなっている企業、
社会のルールを守らない企業、
同族経営が続いて活力を失った企業なんだね。
バブル崩壊後の“失われた10年”の原因を、
執拗に追求して描いているんだ。

さてさて、ドラマを見るのが楽しみ・・・
posted by ぺー at 13:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

駅前留学のノバが閉鎖?

英会話スクールのNOVA(ノバ)といえば、英会話スクールじゃナンバーワンって印象だったんだけどねぇ〜。
このごろは韓流ブームで、韓国語の講座も大繁盛なんだってね。

その英会話スクール・韓国語スクールのNOVAが、経済産業省と東京都の立ち入り検査を受けたんだって。
業務停止命令が出されるかもしれないんだってさ。

NOVAはCMがとってもうまいからね。
「駅前留学」なんてことばは、一度聞いたら忘れようったって、とても忘れられるもんじゃないよね。
むかしのCMには農家のおかみさんが登場して、「の〜ば(農婆)」なんで駄洒落みたいなCMもあったよね。
あれもなかなか忘れらねないCMだなぁ〜。

NOVAは、契約のときにはウソの説明をしたり、解約を申し出ると高っけー精算金を吹っかけたりしたんだってさ!
NOVAだけじゃないけど、外国語スクールや資格スクールってのは、申し込みのときに受講料をまとめて支払うと、割安になるよね。
まあ、どこでもそうだよね。
これは、べつに問題じゃないよね。

ところが、中途で解約を申し出ると、戻ってくるおカネは一括前払いとはちがう料金体系で精算するんだって。
それも一理あるような気がするけど、解約する受講生はだまされたような気になるよね。
そうゆうトラブルが多くて、全国の消費者生活センターには、年間で1000件以上の苦情・相談よせられているんだって!
大都市では裁判にもなってるんだってよ。
ひえ〜!

ところで、アメリカ人って羨ましいね。
だって、日本に来て英語を教えるだけで稼ぐことができるんだもんね!

posted by ぺー at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。