2007年02月21日

ハゲタカはおもしろい!

えっ!
講談社文庫から出ているあの人気小説、
真山仁の『ハゲタカ』・・・
これは、バブル経済が崩壊したあとの
「外資系ファンド」対「日本銀行」の死闘を描いた長編小説。
それが、こんどドラマ化されたんだって。

『ハゲタカ』をドラマ化したのは、NHK。
三葉銀行の出身で、いまはニューヨークの敏腕ファンドマネジャー、鷲津(大森南朋)。
これに反発するのが、鷲津のかつての先輩で、
三葉銀行のエリートバンカー、芝野(柴田恭兵)。
物語は、2人の激しい対立を軸に展開する。
鷲津が三葉銀行の不良債権を買い叩いて莫大な利益を得るんだね。

だけど、この小説は、
外資ファンドは悪玉、日本のバンカーは善玉という単純な話じゃないんだよ。
鷲津が買収するのは、
護送船団方式にどっぷりつかって競争力がなくなっている企業、
社会のルールを守らない企業、
同族経営が続いて活力を失った企業なんだね。
バブル崩壊後の“失われた10年”の原因を、
執拗に追求して描いているんだ。

さてさて、ドラマを見るのが楽しみ・・・
posted by ぺー at 13:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。